制服やスーツのテカリは
アクロンで洗って
ダメージケアしましょう♪

制服やスーツのテカリは
アクロンで洗って
ダメージケアしましょう♪

閉じる

閉じる
  • アクロンって?
  • アクロンでお洋服を毛玉から守ろう!
  • お洗濯のキホン
  • 「手洗い」「洗濯機」表示の洗い方!
  • 「水洗い不可」表示の洗い方!
  • スタイルアップする干し方!
  • お洗濯 取り扱い絵表示をチェック!
  • アイテム別 おしゃれ着の洗い方
  • 素材別おしゃれ着の洗い方
  • キレイに仕上がるウラ技♪
  • Q&A

素材別おしゃれ着の洗い方

  • アイテム別の洗い方
  • 素材別おしゃれ着の洗い方
  • キレイに仕上がるウラ技♪

素材別おしゃれ着の洗い方

PICK UP!コンテンツ

PICK UP!コンテンツ

  • カンタンお洗濯判定! アクロン公式アプリ 「これ洗える?」

大切なおしゃれ着は、
買った時のキレイな状態をキープしたい!
でも、「この素材ってどうやって洗うの?」
「風合いを損なわない洗い方は?」
など疑問やお悩みはたくさん・・・
アクロンなら、そんな皆さんの疑問を解決!
素材ごとのお洗濯のコツをチェックして、
おしゃれ着を洗おう!

洗う前に、必ず取扱絵表示を確認しましょう。
チェックの仕方はこちら

綿・コットン

素材の特徴・洗い方

汗を吸いやすく、やさしい手触りが特徴。汗のニオイをしっかり落とし、風合いを保つにはアクロンがおすすめ。薄い布の場合は手洗いコースで。

綿・コットンが使用されているアイテムの洗い方はコチラ!

毛・ウール

素材の特徴・洗い方

暖かく、ふんわりした風合いが特徴。柔軟成分配合のアクロンで洗うのがオススメ。乱暴に洗ってしまうと縮むので、押し洗いや手洗いコースで洗いましょう。

毛・ウールが使用されているアイテムの洗い方はコチラ!

カシミヤ

素材の特徴・洗い方

やわらかな肌触りが特徴の上質な素材なので、乱暴な洗い方はNG!水に入れると形がクタッとするので、洗濯ネットに入れて、アクロンで洗いましょう

カシミヤが使用されているアイテムの洗い方はコチラ!

ダウン

素材の特徴・洗い方

洗ったとき水が浸透しづらい素材なので、弱い水流でも繊維の奥まで浸透するアクロンで洗いましょう。洗濯機に洗剤液をつくって、手で押し洗いするのがおすすめ。日陰に干して、ときどきほぐしながら乾燥します。

ダウンが使用されているアイテムの洗い方はコチラ!

レーヨン

素材の特徴・洗い方

水に弱く、縮みやすい素材。洗えるマークがついているものは、洗濯ネットに入れて手洗いコースで洗います。脱水後は強く引っ張らずに、やさしく形を整えてから干します。

レーヨンが使用されているアイテムの洗い方はコチラ!

ポリエステル

素材の特徴・洗い方

薄手で軽く、さらりとした感触が特徴。シワや目ヨレができやすいのでシワを防ぐ効果のあるアクロン+手洗いコースで洗うのがおすすめ。

ポリエステルが使用されているアイテムの洗い方はコチラ!

ナイロン

素材の特徴・洗い方

静電気が発生しやすく、ホコリや花粉が付着しやすいのでアクロンでこまめに洗ってケアを。直射日光に干すと黄変するので、日陰干しに。

ナイロンが使用されているアイテムの洗い方はコチラ!

アクリル

素材の特徴・洗い方

ニットに多く用いられる素材。毛玉ができやすいので、毛玉防止効果のあるアクロンがオススメ。洗えるマークがついているものは、裏返しするか、洗濯ネットに入れて洗います。

アクリルが使用されているアイテムの洗い方はコチラ!

麻・リネン

素材の特徴・洗い方

汗を吸いやすく、独特のシャリ感のある涼しい着心地が特徴。洗えるマークがついているものは、強く擦ると毛羽立つので、毛羽立ちを防ぐアクロンを使ってやさしく洗って。シワになりやすいので脱水は短く

絹・シルク

素材の特徴・洗い方

薄手で軽い、上質な素材。洗えるマークがついているものは、アクロンを入れた洗剤液の中をフワフワ泳がせるように洗いましょう。ハリのある風合いを保つため、擦るとつやがなくなるので、気をつけて。

さらに、ワンランク上の洗い方

  • アイテム別の洗い方
  • キレイに仕上がるウラ技♪
MENU
  • アクロンって?
  • アクロンでお洋服を毛玉から守ろう!
  • お洗濯のキホン
  • 「手洗い」「洗濯機」表示の洗い方!
  • 「水洗い不可」表示の洗い方!
  • スタイルアップする干し方!
  • お洗濯 取り扱い絵表示をチェック!
  • アイテム別 おしゃれ着の洗い方
  • 素材別おしゃれ着の洗い方
  • キレイに仕上がるウラ技♪
  • Q&A