洗い⽅|素材・装飾一覧

おしゃれ着洗いは、素材・装飾の特長を知っておくことが大切。
同素材でも衣類により洗えないことも。洗濯表示の確認を忘れずに。

洗い⽅|素材・装飾一覧

素材別の洗い方:

毛(ウール)

毛(ウール)

ふんわり暖かい毛(ウール)には、柔軟成分配合のアクロンがおすすめ。こする・もむはセンイが逆立って絡み、縮みの原因となるのでNG。

カシミヤ

カシミヤ

上質で肌触りのよいカシミヤ。水に濡れるとクタッとするため、洗濯ネットに入れて、型くずれ防止効果のあるアクロンで洗いましょう。

モヘヤ・アンゴラ

モヘヤ・アンゴラ

ふわふわ起毛したモヘヤ・アンゴラ。洗濯中の毛玉・毛羽立ち・抜け防止のため、裏返してアクロンで押し洗い。こする・もむはNGです。

アクリル

アクリル

ニットに多く用いられるアクリル。毛玉ができやすいので、毛玉防止効果のあるアクロンがおすすめ。裏返しで洗うとより安心です。

綿(コットン)

綿(コットン)

やさしい手触りの綿(コットン)。汗を吸いやすいため、皮脂汚れやニオイ汚れをしっかり落としつつ、風合いを保つアクロンがおすすめです。

麻(リネン)

麻(リネン)

独特のシャリ感が特長の麻(リネン)。こすると毛羽立ちやすいため、アクロンで洗いましょう。しわにならないよう脱水時間は短めに。

絹(シルク)

絹(シルク)

しなやかで光沢がある絹(シルク)。手洗いの場合は洗浄液の中をフワフワ泳がせるように洗いましょう。こするとツヤがなくなってしまいます。

レーヨン

レーヨン

シルクに似た光沢・手触りのレーヨン。水に弱く縮みやすいため、脱水時間は短く、脱水後はやさしく形を整えて干しましょう。

ポリエステル

ポリエステル

薄手で軽く、さらりとした感触のポリエステル。しわやヨレがつくと取れにくいので、洗剤はしわ防止効果のあるアクロンがおすすめです。

ナイロン

ナイロン

静電気が発生しやすいナイロン。ホコリや花粉が付着するので、こまめに洗いましょう。直射日光に干すと黄変するので、陰干しに。

デニム

デニム

丈夫なカジュアルウェアですが、自分好みの色やダメージ度合いを維持したいなら、衣類を色あせから守るアクロンで裏返して洗いましょう。

コーデュロイ

コーデュロイ

美しい光沢を放つコーデュロイ。裏にすると摩擦でかえって毛羽が抜けやすくなるため、表向きのまま、アクロンでやさしく洗うのがおすすめです。

ダウン

ダウン

洗浄液が浸透しづらいダウンには、成分が浸透しやすいアクロンがおすすめ。干しているとき、ときどきほぐすのも乾かすポイントです。

装飾別の洗い方:

レース・チュール

レース・チュール

洗濯中のひっかけや絡みを防ぐため、裏返し、洗濯ネットに入れて洗いましょう。

リベット

リベット

デニムによく使われる鋲のこと。金属製なのでこの部分に漂白剤は使えません。

ビジュー・ビーズ他

ビジュー・ビーズ他

摩擦などの力に弱いビジュー・ラインストーン・スパンコール・ビーズ等の装飾付アイテムは裏返し、洗濯ネットに入れて洗いましょう。