おしゃれ着洗いの基本

どんなアイテムも、洗い方の基本の手順をおさえておけば大丈夫。
アクロン+「おしゃれ着コース」なら簡単です!

おしゃれ着洗いの基本

2洗う準備

伸び・ヨレ・色あせ・型くずれ等を防いで、キレイに洗うには?

色柄物は、色落ちチェック!
色柄物は、色落ちチェック!
  1. アクロンの原液を別の白い布につける。
  2. 衣類の縫い目などの目立たない部分をたたく。
  3. 布に色が移らないかどうかを調べる。
ひどい汚れは前処理!
  1. アクロンの原液をつける。
    シミ・黄ばみには前処理に液体酸素系漂白剤がおすすめです。
  2. キャップの後ろで軽くたたいて汚れを浮かす。
    もむ・こするは、素材を傷めたり縮めたりするので厳禁です。
  3. アクロンで洗う。
    血液汚れは先に水か40度以下のぬるま湯で予洗いした後、液体酸素系漂白剤の原液をつけ、アクロンで洗います。
キレイに洗うためのたたみ方

たたみ方の基本

汚れやすい部分を、表にする
襟・袖口・裾・ポケット口など、汚れやすい部分を表にだすことで、さらに汚れ落ちがよくなります。
洗濯ネット・洗濯桶などの大きさに合わせてたたむ
たたんだ状態を最後まで保つことで、伸び・ヨレ・縮み・型くずれ・摩擦を防ぎます。
ボタンは閉じるのが基本。ジャケットは例外
前身頃と後身頃の型が異なるものは閉めておくとかえって型くずれにつながります。
ファスナー・ホックは、閉じる
洗濯中は、衣類をひっかけてしまう可能性があるため、閉じます。
デリケート素材、プリント・装飾があるもの、色の濃いものは、裏返す
洗濯中の摩擦・抜け毛・色落ち等を防ぎます。

アイテム別

アウター類
アウター類
  1. 前身頃のボタンを開ける。
  2. 袖を前身頃にのせる。
  3. 内側に折りたたむ。
トップス類
トップス類
  • 襟・袖口・裾が表にでるようにたたむ。
ボトムス類
ボトムス類
  1. ファスナー・ホック・ボタンを閉じる。
  2. 裾・ヒップ・ウエストが表にでるよう蛇腹折り。
薄めの大物ファブリック類
薄めの大物ファブリック類

カーテンやタオルケット等、薄めの大きなファブリック類に適したたたみ方です。

  1. 汚れやすい面を表に蛇腹折り。
  2. 汚れやすい端を同方向に揃える。
    (カーテンの場合は、上部と裾)
  3. 洗濯機には②を汚れが落ちやすい下方に向けていれる。
厚めの大物ファブリック類
厚めの大物ファブリック類

毛布等、厚めの大きなファブリック類に適したたたみ方です。

  1. 汚れやすい面を表に蛇腹折り。
  2. 汚れやすい端を同方向に揃え、ロール状に丸める。
  3. 洗濯機には②を汚れが落ちやすい下方に向けていれる。

パーツ別

共布ベルトは、はずす
ベルトが衣類と絡んだり、絡みによる型くずれを防ぎます。
は、結ぶ
紐が絡んだり抜けたりしないよう、先端部分をかるく玉結びするか、2本を束ねてゆるく結んでおきます。
リボンは、ほどく
リボンの絡みによる洗いジワや脱水ジワを防ぐため。また、汚れが落ちやすくなります。
フリンジは、内側に折りたたむ
フリンジがほぐれたり、フリンジ同士が絡んだりするのを防ぎます。
胸パッドは、はずす
型くずれ防止と、汚れ落ちをよくしたり、乾きやすくしたりします。

「アクロン」のご購入はこちら

オンラインストア
  • こちらで販売中 amazon
  • LOHACO Tポイントが貯まる!使える!