ぬいぐるみの洗い⽅

ぬいぐるみ

その手があったか!?
ぬいぐるみの意外な干し方

お子さんと遊んだり、抱っこしたり、おでかけしたり、おねんねしたり、いつも一緒のぬいぐるみ。
汚れが気になるけれど、洗うのもちょっと不安ですよね。
でも大丈夫! 中性洗剤アクロンでやさしく手洗いしてみませんか? 型くずれを防いできれいに洗う方法をライオンのお洗濯のプロ・大貫マイスターが教えます。

では早速洗ってみましょう!
まずは、洗い方の手順から

ぬいぐるみ

ぬいぐるみをお洗濯! 洗い方の手順は?

中性洗剤アクロンなら洗浄液が浸透して、汚れ・ニオイをしっかり落とすから、ぬいぐるみもやさしく洗えます。でも、うっかりしてしまいがちなのが色落ち。パーツごとに素材や染料が異なることもあるので、色落ちチェックは入念に!

1洗濯表示を確認

新洗濯表示(2016年12月〜)

ご家庭で洗えます

  • 水温30℃を限度に、洗濯機で非常に弱い洗濯ができます。
  • 水温40℃を限度に、手洗いできます。

洗えません

  • ご家庭では洗えません。
新洗濯表示一覧→
今までの表示

ご家庭で洗えます

  • 水温30℃を限度に、 洗濯機で非常に弱い洗濯ができます。
  • 水温30℃を限度に、 手洗いできます。

洗えません

  • ご家庭では洗えません。
今までの表示一覧→

ぬいぐるみをお洗濯!
洗い方のポイントは?

手洗いの場合

手洗いの場合

全体を押し洗いする。

脱水のし方

脱水のし方

タオルにくるんで水を吸い取るか、同じくタオルにくるんで洗濯機で短時間で脱水する。

干し方

干し方

洗濯ネットにいれて干す。

ぬいぐるみを上手に洗うテクニック

お気に入りのぬいぐるみ、自宅で洗ってふんわり感を取り戻しませんか? 「洗濯すると、型くずれや毛並みのふわふわ感が損なわれるから……」と洗うのをためらっている方必見! 失敗を防ぐぬいぐるみの洗濯方法・お手入れの仕方をご紹介します。
ポイントは、ぬいぐるみ全体を水に沈めてやさしく押し洗いしてホコリを取り除くこと、タオルに包んで脱水すること。さらに、ネットに入れたまま干せば、型くずれが防げます。

<洗濯機洗いの場合>

●洗い方
脱水のし方
  1. ぬいぐるみについている洗濯絵表示に「洗濯おけ」「手洗い」マークがついているか確認。
    これらのマークがついていれば、自宅で洗うことができます。
  2. リボンやタグなど、外せるパーツがあれば外しておきます。
  3. 洗濯方法は製品によって異なります。洗濯絵表示を確認し、「手洗いマーク」の場合は、洗濯機の「おしゃれ着コース」「手洗いコース」「ドライコース」などのコースで洗ってください。
  4. ぬいぐるみの大きさにあった洗濯ネットを使用すると、型くずれなどの洗濯ダメージが防げます。
  5. 脱水は、ぬいぐるみをタオルで包んだ状態で行ってください。脱水時間は30秒くらいの「短時間」に設定しましょう。
●干し方
干し方
  1. 型くずれを防ぐために脱水後はすぐに取り出し、手で全体の形を整えます。
  2. 洋服ブラシ等を使用して毛並みを整えたら洗濯ネットに入れて、風通しの良いところで洗濯ネットごと陰干しします。
    ぬいぐるみの中の詰め物や、表面の毛足が長いものは乾きにくいので、しっかり乾燥させましょう。

<手洗いの場合>

●洗い方
手洗いのし方 脱水のし方
  1. ぬいぐるみについている洗濯絵表示に「洗濯おけ」「手洗い」マークがついているか確認。
    これらのマークがついていれば、自宅で洗うことができます。
  2. リボンやタグなど、外せるパーツがあれば外しておきます。
  3. 洗濯おけに水を入れて洗濯液を作ります。水4Lに対して、洗剤10mlが適量です。
    毛並みのふんわり感や、型くずれを防止するために、おしゃれ着用洗剤がおすすめです。
  4. ぬいぐるみを洗濯液に浸して、毛並みを傷めないように軽く押し洗いをします。汚れのひどい部分は、洗剤を含ませたスポンジや洗濯ブラシなどで、ていねいにたたき洗いしましょう。シミのある部分には「シミ用の部分洗い剤」をつけます。
  5. キレイな水に取り替えて、押し洗いですすぎを2回行います。
  6. ぬいぐるみをタオルで包んで、脱水します。ダメージを防ぐために、脱水時間は30秒くらいの「短時間」に設定しましょう。
●干し方
  1. 型くずれを防ぐために脱水後はすぐに取り出し、手で全体の形を整えます。
  2. 洋服ブラシ等を使用して毛並みを整えたら洗濯ネットに入れて、風通しの良いところで洗濯ネットごと陰干しします。
    ぬいぐるみの中の詰め物や、表面の毛足が長いものは乾きにくいので、しっかり乾燥させましょう。

<簡易クリーニングの方法>

汚れが気になるけど洗えない……、そんなときに試してほしい「簡易クリーニング」の方法をご紹介します。

  1. 布団たたきなどで、内側のホコリをたたき出します。
  2. 洋服ブラシでブラッシングして、表面のホコリを払います。
  3. 薄めに作った洗剤液を含ませたタオルを固く絞って、ぬいぐるみ全体の表面を軽くふきます。
    洗剤液は、洗濯おけなどにおしゃれ着用洗剤を水に溶かしてつくりますが、洗剤の量は、標準使用量の半量が(アクロンの場合、水4Lに対して洗剤5mL)が適量です。
  4. キレイな水を含ませたタオルを固く絞って、ぬいぐるみ全体をふき、洗剤分を取り除きます。これを2回繰り返します。
  5. 乾いたタオルで、水気を取ります。
  6. 風通しの良い日陰で乾燥させて、湿気を取ります。

PROFILE
監修者:お洗濯マイスター 大貫 和泉(おおぬき いずみ)

消費生活アドバイザー、繊維製品品質管理士
健康予防管理専門士

洗濯用洗剤などの製品開発・調査に約20年携わってきました。2児の母親としての経験と研究活動を融合し、主婦・母親・女性目線で日々のお洗濯に役立つ情報をお伝えしていきます。

ぬいぐるみのおすすめの洗い方を印刷するぬいぐるみのおすすめの洗い方を印刷する

「アクロン」のご購入はこちら

オンラインストア
  • こちらで販売中 amazon
  • LOHACO Tポイントが貯まる!使える!