アクロン 身だしなみはお洗濯からアクロン 身だしなみはお洗濯から

デニム ジャケット・ジーンズの洗い⽅

デニム ジャケット・ジーンズを自宅でお洗濯する方法をご紹介します。
洗濯機洗い・手洗いの場合の洗い方手順とは?

裏返す? 都度洗う?
もう迷わない! デニムの洗い方

デニムの洗い方は諸説あり、なかには洗う必要ある? という声も。
衣類は、汚れたまま、着用して伸びたままにしていると劣化が進んでしまいます。
丈夫なデニムも、お気に入りの色合い、ダメージ感をキープするお洗濯方法をライオンのお洗濯のプロ・大貫マイスターが解説します。

デニム ジャケット・ジーンズの洗濯手順

1洗濯表示を確認

新・洗濯表示(2016年12月~)

ご家庭で洗えます

  • 洗濯機洗い可

  • 手洗い可

洗えません

旧・洗濯表示

ご家庭で洗えます

  • 洗濯機洗い可

  • 手洗い可

洗えません

デニム ジャケット・ジーンズをお洗濯!
洗い方のポイントは?

洗う準備|デニム ジャケット

洗う準備|デニム ジャケット
  1. 前身頃のボタンを開ける。※1
  2. 袖を前身頃にのせ、内側にたたむ。 ※2

  • ※1 前身頃と後身頃の型が違うものは、ボタンを開け、型くずれを防ぐ。
  • ※2 洗濯ネットや桶のサイズにあわせてたたみ、たたんだ状態を保つことで、伸び・ヨレ・縮み・型くずれ等を防ぐ。

洗う準備|デニム ジーンズ

洗う準備|デニム ジーンズ
  1. ひっかかりを防ぐため、ファスナー・ホック・ボタンを閉める。
  2. 汚れやすい裾・ヒップ・ウエストが表にでるよう、蛇腹折り。

干し方

干し方
  • ジャケットは、前身頃のボタンを開けたまま、厚手のハンガーやタオルを使って、立体的に風通しよく干す。
  • ジーンズは、ファスナー・ホック・ボタンを開け、裏返しにし、角ハンガーで立体的に風通しよく干す。

ジーンズ・デニムジャケットを上手に洗うテクニック

ジーンズ・デニムジャケットは、洗う?洗わない?とお悩みの方が多いですが、じつは「洗う」が正解です! 色落ちや色移りが心配という声もありますが、汗などの着用汚れがついたまま洗わないことが原因で、生地のダメージや風合いの変化が起こる場合も。正しくお手入れして、お気に入りのジーンズを長持ちさせましょう。

<洗濯機洗いの場合>

●洗い方
デニムジャケットのたたみ方

目立つ汚れがある場合は、部分洗い剤やおしゃれ着用洗剤の原液を塗布しましょう。
洗濯機に入れる前に、前身頃のボタンを開けて袖を内側にたたみ、洗濯ネットのサイズに合わせて二つ折りに。たたんだ状態で洗うことで、伸び・ヨレ・縮み・色落ち・型くずれ等の洗濯ダメージを防げます。

ジーンズのたたみ方

洗濯方法は製品によって異なります。洗濯絵表示を確認し、「手洗いマーク」の場合は、洗濯機の「おしゃれ着コース」「手洗いコース」「ドライコース」などのコースで洗ってください。
※ほかの衣類と一緒に洗うと色移りする原因に。単独で洗うようにしましょう。

●干し方
干し方

脱水が終わったらすぐに取り出し、両手で持って振りさばいてから、手のひらで叩いてシワをとります。
デニム素材は生地が厚く乾きにくいため、小物干しなどに筒状に吊るしましょう。裏側にポケットがある場合は、ポケットの袋部分を裏返すとしっかり乾きます。

日光に当てると変色することがあるので、干す時は陰干ししてください。
デニムジャケットの場合、ジャケットの肩幅に合った厚みのあるハンガーを選ぶことが型くずれを防ぐポイントです。ハンガーがない場合はタオルを巻いて厚みを出しましょう。

<手洗いの場合>

●洗い方
デニムジャケットのたたみ方

目立つ汚れがある場合は、部分洗い剤やおしゃれ着用洗剤の原液を塗布します。
デニムジャケットの場合は、前身頃のボタンを開けて袖を内側にたたみ、洗濯ネットのサイズに合わせて二つ折りにしてください。
ジーンズの場合は、ファスナーやボタンを閉じて、洗濯ネットのサイズに合わせて3〜4つ折りにしてください。洗濯ネットがない場合は、裏返しにしてたたみます。

ジーンズのたたみ方

洗濯おけに水をはり、手洗い時の使用濃度のおしゃれ着用洗剤を溶かします。衣類が入る大きさの洗濯おけがない場合は、洗面ボールもしくは、洗濯機の洗濯槽をおけがわりに使ってもOK。
【やさしく両手で押す】【持ち上げる】を繰り返す「押し洗い」で洗います。何度か繰り返したら、軽く絞って水を取り替えて、同様の動作で2回すすぎを行います。
最後の脱水は洗濯機を使って、最短時間に設定して脱水します。

●干し方
干し方

脱水が終わったらすぐに取り出し、両手で持って振りさばいてから、手のひらで叩いてシワをとります。
デニム素材は生地が厚く乾きにくいため、小物干しなどに筒状に吊るしましょう。裏側にポケットがある場合は、ポケットの袋部分を裏返すとしっかり乾きます。

日光に当てると変色することがあるので、干す時は陰干ししてください。
デニムジャケットの場合、ジャケットの肩幅に合った厚みのあるハンガーを選ぶことが型くずれを防ぐポイントです。ハンガーがない場合はタオルを巻いて厚みを出しましょう。

監修者:LIONお洗濯マイスター 大貫和泉

デニム ジャケット・ジーンズのおすすめの洗い方を印刷する

「アクロン」のご購入はこちら

オンラインストア
  • こちらで販売中 amazon
  • LOHACO Tポイントが貯まる!使える!