セーター(ニット)の洗い⽅

セーター(ニット)

ポイントは洗う前のたたみ方
意外と知らないセーターの洗い方

たたみ方はたたみ方でも、洗う前のたたみ方。
実は、汚れ落ちや型くずれ、縮みにも関係するってご存知ですか?
汚れやすい襟・袖口・裾が表にでるようにたたみ、
洗濯機で洗う場合は、洗濯ネットへ。
もみ洗いせず、最後までたたんだ形を保つことがポイントです!

では早速洗ってみましょう!
まずは、洗い方の手順から

セーター(ニット)

セーター(ニット)をお洗濯! 洗い方の手順は?

直接肌に触れることが少ないニットのセーターは「そんなに汚れてない?」「洗うとかえって傷むのでは?」と洗い控えしがち。でも、おしゃれ着用洗剤アクロンなら、洗うことで着用による伸び・ヨレを整え、毛玉の発生を防ぎ、キレイをキープします。

1洗濯表示を確認

新洗濯表示(2016年12月〜)

ご家庭で洗えます

  • 水温30℃を限度に、洗濯機で非常に弱い洗濯ができます。
  • 水温40℃を限度に、手洗いできます。

洗えません

  • ご家庭では洗えません。
新洗濯表示一覧→
今までの表示

ご家庭で洗えます

  • 水温30℃を限度に、 洗濯機で非常に弱い洗濯ができます。
  • 水温30℃を限度に、 手洗いできます。

洗えません

  • ご家庭では洗えません。
今までの表示一覧→

セーター(ニット)をお洗濯!
洗い方のポイントは?

洗う準備

洗う準備

汚れやすい襟・袖口・裾が表にでるようにたたむ。


  • ※  洗濯ネットや桶のサイズにあわせてたたみ、たたんだ状態を保つことで、伸び・ヨレ・縮み・型くずれ等を防ぐ。

干し方

干し方

平干しネットか、ない場合はハンガーで日陰干し。


  • ※  重さを分散させることで、伸び・ヨレ・型くずれ等を防ぐ。風の通り道もできる。

手洗いの場合

手洗いの場合
  1. 全体を押し洗い。
  2. 襟・袖口・裾や汚れの気になる箇所はつかみ洗い。

セーター(ニット)のおすすめの洗い方を印刷するセーター(ニット)のおすすめの洗い方を印刷する